練馬断酒会は、
アルコール依存症に苦しむ方とご家族を支える会です。

ここには、アルコール依存症から回復した人、家族や仲間とお酒をやめ続けている人がたくさんいます。

お酒の悩みや不安は、ひとりで抱えこまず、私たちといっしょに、ひとつずつ解決していきましょう。

代表からのメッセージ

練馬断酒会 代表理事

黒岩 平

私たち練馬断酒会のモットーは「話・輪・和」です。私はこの会に入会して35年がたちました。最近やっと少し落ち着いた生活を送れていますが、飲酒が原因で肝機能障害を患い、アルコール依存症の専門医療機関に二回入院しています。この病気になってからは、周囲からは一切信用されず、何をしても疑いの目で見られ、とても辛い時期が続きました。練馬断酒会の会員たちは、そのような苦しみをお互い分かり合えるから、「話・輪・和」というものをとても大切にしています。横のつながりを大切にすること。仲間と一緒に毎日を楽しく過ごすこと。それがないと、長い断酒生活を続けていくのは難しいと思います。

 

時間がたてば問題は解決する。よくそう言われますが本当にそうでしょうか。アルコールは、あくまでも、今起きている問題の逃げ道です。今起きている問題を解決しなければ アルコールからは逃げられません。今あなたがアルコールに逃げる原因を、これから一緒に探していきましょう。また、私も会員の多くも、家族に支えられて断酒を続けられています。ご家族の方も本当に苦しいと思いますが、アルコール依存症は病気ですので、ぜひ「監視」するのではなく「看護」するという気持ちで接してあげてください。

活動理念

練馬区に根を下ろした地域断酒会として、アルコール依存症のご本人とそのご家族のため、以下を目標に活動しています。

1

アルコール依存症の方が

  お酒を飲まない生活を取り戻し、

家族と共に自分らしい人生を

新たに歩めるように

支援する

2

 

アルコール依存症や酒害に

関する正しい情報の提供や

啓発活動を行っていく

3

 

アルコール依存症の回復を

  めざす方が周囲とつながり、

支え合える社会になるように

働きかける

​活動内容

練馬断酒会では、例会や家族会と呼ばれるミーティングの開催を基本活動としています。

例会や家族会では、アルコール依存症のご本人とご家族が集まり、自らの酒害体験や悩みを語り合います。

こうした基本活動の他、地域での酒害相談や研修会、会員・家族による親睦会など、さまざまな活動を行っています。

酒害相談会・イベント等での啓発活動

一泊研修会・日帰り研修会

全国大会・関東ブロック大会への参加

 例会・家族会 

練馬断酒会として各種例会・家族会を定期的に開催しています。

また、断酒会の上部組織である東京断酒新生会や、全日本断酒連盟が主催する大会にも参加しています。

2019年は練馬で関東ブロック大会を開催しました。

 啓発活動 

地域の医療機関や行政機関と連携し、酒害相談や飲酒運転撲滅などの啓発活動を行っています。

練馬区で秋に開催される「健康フェスティバル」には毎年出展し、地域の方と交流しています。

 研修会・交流会 

会員や家族も一緒に、観光を兼ねた一泊・日帰りの研修会や親睦会を行っています。近隣の断酒会とも交流し、

ソフトボール大会や、お正月の高尾山

初詣も行っています。

​団体概要

団体名

NPO法人 練馬断酒会

沿革

1972 年11月   東京断酒新生会練馬支部結成 (初代会長 鈴木三千雄)

1986 年 4月    呼称を練馬断酒会に変更(会員数 80 名)

1991 年 1月    会報紙(月刊)「こぶし」創刊 1月号(No.1 )発行

2001 年10月   NPO法人 練馬断酒会設立

2007 年 3月    35周年記念大会開催(練馬文化センター)

2012 年 7月 40周年記念大会開催(練馬文化センター) 

2017 年 3月 45周年記念大会開催(練馬区立  区民・産業プラザ)

現在に至る   現12代目理事長 黒岩平

連絡先

TEL: 080-1287-6688(事務局 衛藤慶一)

メール:nerima.danshukai@gmail.com

「失踪日記」「失踪日記2 アル中病棟」を描いた漫画家の吾妻ひでおさんも、練馬断酒会の会員でした。

吾妻ひでお(本名:吾妻日出夫)さんは北海道出身の漫画家です。1969年にデビューし、ギャグ漫画をはじめSFや美少女漫画など数々の作品を発表しました。自らの路上生活体験を描いた「失踪日記」は第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門賞などを受賞しました。

私生活ではアルコール依存症を患い専門病院で治療し、退院後の1999年4月に練馬断酒会に入会。

長年、漫画家として活躍した吾妻さんは2019年10月13日、病のため逝去。本ホームページ掲出の漫画は、吾妻ひでおさんのご家族、​出版社イースト・プレス様のご厚意により、吾妻さんのアルコール依存症の治療体験に基づく漫画「失踪日記2 アル中病棟」より掲出させていただきました。

​練馬断酒会への入会方法

練馬断酒会は、アルコール依存症のご本人・そのご家族だけでなく断酒に賛同する方や関心のある方であればどなたでも入会できます。

まずは、例会にご参加いただき、練馬断酒会の詳細や入会方法についてお問い合わせください。

 

また、より多くの方々に参加していただくために、練馬会員、賛助会員という制度もあります。

詳しくは、練馬断酒会の会員にお問い合わせいただくか、練馬断酒会 定款をご参照ください。

©️ AZUMA, Hideo  2013

©️ NPO法人 練馬断酒会