アルコール依存度を測るテスト

現在の飲酒状態が、健康にどれだけ影響を与えているのか、生活習慣病のリスクを高める危険性があるのか、ということを判定するAUDITというスクリーニングテストです。質問数は全10問あります。簡易的にテストを行えるというメリットがありますので、ぜひ測ってみましょう。

※AUDIT(The Alcohol Use Disorders Identification Test)は、WHO(世界保健機関)の調査研究により作成された、アルコール依存度を測定するためのスクリーニングテストです。

​※以下のサイト・資料を参考に作成しました。

 1. e-ヘルスネット - 厚生労働省(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-021.html)

 2. Babor ,TF . Brief Intervention for harmful and hazardous drinking ( http://whqlibdoc.who.int/hq/2001/WHO_MSD_MSB_01.6b.pdf )

質問1)あなたは、アルコール含有飲料をどれくらいの頻度で飲みますか?
質問2)飲酒するときには、1日あたり通常どのくらいの量を飲みますか?

※「日本酒1合=2ドリンク」「ビール大瓶1本=2.5ドリンク」「ウィスキー水割りダブル1杯=2ドリンク」

 「焼酎お湯割り1杯=1ドリンク」「ワイングラス1杯=1.5ドリンク」「梅酒小コップ1杯=1ドリンク」とします。

質問3)1度に6ドリンク以上飲酒することがどのくらいの頻度でありますか?
質問4)過去1年以内に、飲み始めると止められなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
質問5)過去1年以内に、普段なら行えることを飲酒していたためにできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
質問6)過去1年以内に、深酒の後、体調を整えるために、朝迎え酒をしなければならなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
質問7)過去1年以内に、飲酒後に罪悪感や自責の念にかられたことが、どのくらいの頻度でありましたか?
質問8)過去1年以内に、飲酒のため前夜の出来事を思い出せなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
質問9)あなたの飲酒のために、あなた自身か他の誰かがけがをしたことがありますか?
質問10)肉親や親戚、友人、医師、あるいは他の健康管理にたずさわる人が、あなたの飲酒について心配したり、飲酒量を減らすように勧めたりしたことがありますか?

すべての質問に回答し、「判定する」ボタンを押すと、0~40点で判定されます。

​(以下に、結果が表示されます)

<判定結果欄>

©️ AZUMA, Hideo  2013

©️ NPO法人 練馬断酒会